法人カード、ビジネスカードで経費管理を効率化する!

様々なビジネスシーンでも役立つ法人カード、ビジネスカードの特徴

goldcard比較のメインイメージ

経費決済専用の法人カード・ビジネスカード

 クレジットカードというと、通常、個人が持つものが一般的。  しかし、これら個人カードとは別に、会社経営者や個人事業主の方(医師・弁護士・公認会計士・デザイナー・飲食店オーナーなど)が持てる、法人カード、ビジネスカードと呼ばれるものが存在します。
 クレジットカードの発行会社各社によって、法人カード、法人クレジットカード、ビジネスカードなど呼び名が様々ですが、経費決済用に特化したクレジットカードである点はどこも一緒。
 このため、このページでは“法人カード”と統一して文章を記述させて頂きます。

法人カードを持つ目的

経費管理に役立てる

 法人カードを持つ大きな目的は、経理事務・経費の管理を合理化する点にあります。
 個人カードで公私の区別がつかないような使い方をしていたのでは、どれが会社の経費として使用したものなのか、後々悩むことも・・。
 また、そもそもご利用代金明細書にプライベートと会社の経費としての利用金額が混同して記載されていたのでは、帳簿をつける際に苦労します。

 しかし、法人カードを経費決済専門に使うことで、こういったトラブルが解消されるばかりか、発行会社によってはご利用明細データをエクセルデータとしてダウンロードできたり、月別・四半期ベース・年間ベースでリポートを届けてもらったりと、経費を管理することが容易になります。

 また、社員のために追加カードを発行した場合、利用者ごとに経費支出がチェックできるメリットがあります。

法人口座から引落とし

 個人カードを利用して会社の経費を支払った場合、当然、個人の口座から利用代金が引き落とされることになり、経費立替分として会社に金額を請求しなければなりません。
 しかし、法人カードなら引落とし口座を「個人名義口座」、「法人名義口座」から選択可能。
 経費管理がよりスムーズになります。
※法人名義口座は申込者本人の名前が併記されたものに限られます。

福利厚生のメリット

 全国各地の宿泊施設やスポーツクラブ、レジャー施設を割安な料金で利用可能となります。
 たとえば、JCB法人カードの場合、株式会社リラックス・コミュニケーションズの運営する「福利厚生倶楽部」へJCB法人カード特別料金で入会が可能で、費用の面でのメリットのほか、福利厚生を一企業が行った場合と比べて手間が省けるメリットもあります。

福利厚生倶楽部 一般料金とJCB法人カード会員の支払う費用
社員数 一般料金JCB法人カード会員特別料金
入会金1社につき月会費 1名につき 入会金1社につき月会費 1名につき
1~99名 30,000円(税抜)1,000円(税抜) 無料940円(税抜)
100~999名 50,000円(税抜)900円(税抜) 無料840円(税抜)
1,000名以上 100,0000円(税抜)800円(税抜) 無料740円(税抜)

補償やサービスも厚いゴールドカード

 法人カードには個人カード同様、一般カードとゴールドカードが存在します。
 中には、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのように、プラチナカードを発行しているカード会社も中にはあります。
 当然、一般カードよりゴールドカードやプラチナカードの方が年会費が高いのは言うまでもありません。
 法人カードの場合、一般カードでも年会費無料というのは存在せず、最低でも1,312円かかります。

 ゴールドカード以上の法人カードは、付帯されている補償・保険・サービスが充実しているのは、個人カードと変わりありません。

旅行傷害保険を付帯

 最高5,000万円若しくは最高1億円まで補償する国内・海外旅行傷害保険が付帯されているのが通常です。
 出張の際、ゴールド法人カードで交通費や宿泊費など旅費を決済することで、万一の事故に対して保険がおりるので安心感があります。
 一般カードではJCB法人カードのように旅行傷害保険が一切付帯されていないケースも珍しくなく、ゴールドの方がメリットがあると言えます。

空港ラウンジを利用できる

 航空機を利用した出張の際は、国内主要空港の空港ラウンジを無料で利用できます。
 空港ラウンジ内でのサービスは各空港によってことなりますが、FAXやインターネットを使えたり、お客様との打合せ前の資料チェック、プレゼン内容の確認など、様々なビジネスシーンで活用できます。

カード発行会社による独自のサービス

 旅行傷害保険の付帯や空港ラウンジサービスは、ゴールドカードの定番的な保険とサービスですが、そのほかにも各カード発行会社によってオリジナルのサービスを多数用意しています。
 たとえば、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードなら、家族の入院で予約していた出張をキャンセルしたり、接待用にチケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合にキャンセル費用を補償する「キャンセルプロテクション」を付帯。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードなら、成田空港・羽田空港と東京23区をメルセデス・ベンツS550 LongやBMW ACTIVE HYBRID 7などの高級車で会員限定特別料金で送迎する「ハイヤー送迎サービス」を付帯。
 といった具合に、ゴールドならではの会員向けサービスを付帯しています。

法人カードを申し込む

 法人カードには一般カードとゴールドカードが存在し、ゴールドカードは1万円以上の年会費がかかりますが、結論から言うと申込みをするならゴールドカードの方がメリットが大きいです。
 そもそも法人カードを取扱っているカード会社の中には、アメリカン・エキスプレスのように一般カードを取扱っていない会社が珍しくありません。

 法人カードを申し込むならゴールドカード以上を薦める理由は、利用可能枠の大きさです。
 一般法人カードの場合、利用可能枠が20万~40万だったり、30万~100万円だったりするのに対し、ゴールドカードの場合100万円以上、カード会社によってはこれ以下の場合がありますが、それでも50万円以上の利用可能枠が設けられます。
 仮に一般法人カードを申込み、利用可能枠が30万円で決められたら、あっという間に利用可能残高がなくなります。クレジットカードの支払いは翌月末か翌々月上旬になるので、1ヶ月に30万円利用できると考えるのではなく、2ヶ月で30万円利用できると考えなくてはなりません。
 1ヶ月に5万~10万しかカードを使わない会社なら構いませんが、接待で利用することが多かったり、パソコンやオフィス家具をカードで買うような会社なら、ほとんど役目を果たさない法人カードになってしまいます。

 そう考えると、法人カードを作るならゴールドカード以上を申し込んだ方が、メリットが大きいのではないかと思われます。

法人カードの紹介

 以上、法人カードに関してのメリットを挙げましたが、早速、各カード会社が発行する法人カードを紹介します。

JCBゴールド法人カード
JCBゴールド法人カード 年会費 本人 税抜10,000円+税
追加カード 1枚につき税抜3,000円+税
利用可能額 50万~250万円
JCBゴールド法人カードの詳細・メリット
ダイナースクラブ ビジネスカード
ダイナースクラブ ビジネスカード 年会費 本人 税抜27,000円+税
追加カード
利用可能額 一律の制限なし
ダイナースクラブ ビジネスカードの詳細・メリット
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメックス・ビジネス・ゴールドカード券面画像 年会費 本人 税抜26,000円+税
追加カード 1枚につき、税抜12,000円+税
利用可能額 個々に設定
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの詳細・メリット
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像 年会費 本人 税抜20,000円+税
追加カード 1枚につき税抜3,000円+税
利用可能額 会員のご利用状況や資産状況などに応じて、個々に設定
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

自分に合ったゴールドカードは見つかりましたか?

  • ゴールドカードの選び方
  • 年会費2000円のゴールドカード
  • スタンダードタイプのゴールドカード
  • 初年度年会費無料
  • ダイナースクラブカード
  • アメリカンエキスプレスカード

年会費から
ゴールドカードを選ぶ

PAGE TOP