クレジットカードの国際ブランドと利便性

どのブランドを選ぶのがベター?

goldcard比較のメインイメージ

各国際ブランドの持つ特徴

 クレジットカードを発行している会社はいくつもありますが、国際ブランドは限られています。
 国際ブランドとは、VISAやMasterCard、JCBなどのことで、以下のような特徴があります。

JCB

 ご存じ、日本発の国際ブランド。
 日本国内では、VISAやMasterCardを抑えてシェアNo.1を誇ります。クレジットカードを国内で利用する機会しかないなら、ほぼ使えないお店はなく、都市部でも小さなお店や地方のお店などではJCBしかカードを利用できないケースもあるほど。
 海外では加盟店に乏しく、海外旅行へ行く機会があるならVISAやMasterCardなどがあった方が絶対安心。ただ、中国を除く東アジアや東南アジア、具体的には韓国や台湾、シンガポール、香港などでは、JCB加盟店が多くVISAやMasterCardと変わらぬ利便性を発揮します。
 また、JCBカードは東京ディズニーランド(R)、東京ディズニーシー(R)のオフィシャルカードとなっており、東京ディズニーリゾート(R)に行くならJCBカードは必携。

VISA

 クレジットカードの国際ブランドとしては、MasterCardと並ぶ世界2大ブランドの一つで、運営するのはアメリカの企業。
 日本国内では、JCBに次ぐシェアとなっていますが、現実的には国内の買い物で困ることは無いレベル。
 直接ライセンス供与を受けてVISAカードを発行しているのは三井住友カード株式会社や三菱東京UFJニコス株式会社、株式会社クレディセゾンなど。
 以前、海外では米国はVISA、ヨーロッパはMasterCardが強いなんで言われたことがありますが、現在は関係なし。VISAカードを一枚持っていれば国内でも海外でもショッピングで不便を感じることはないでしょう。

MasterCard

 VISAと並ぶ世界2大ブランドの一つ。運営するのはアメリカの企業。
 国内でも利用可能店舗数が多く、VISA同様、買い物に困ることはないですね。
 日本国内では、株式会社クレディセゾンや三井住友トラストクラブ株式会社、三井住友カード株式会社などが直接ライセンス供与を受けてMasterCardを発行しています。
 ヨーロッパで強いと言われますが、現在はVISAとMasterCardの両方使えるようにする店舗が多く、MasterCardしか使えないというお店はそうそう無いのが現状。

American Express

 通称アメックスの名で知られる国際ブランドで、運営はアメリカの企業。
 クレジットカード事業のほか、旅行事業、保険業、法人向け銀行事業等を手掛けていて、旅行に関連したサービスに強いのが特徴的。
 自社(アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド)が発行するカードは、顧客ごとに利用限度額が設定されるようになっていて、一律の利用限度額が決められていません。
 ダイナースクラブと並ぶ高いブランドイメージを持っていて、カードのグレードに応じて豊富なサービスを用意しています。
 グリーンカード、ゴールドカードが新規申込み可能ですが、その上にインビテーションが無いと入会できない「プラチナカード」、「センチュリオンカード(ブラックカード)」が存在します。ただ、センチュリオンカードを入手するのは至難の業で、これ欲しさにアメックスカードを保有する方も少なくありません。ちなみにセンチュリオンカードの年会費は36万7500円。2007年までは16万8千円だったのですが倍以上に跳ね上がりました。
 日本国内ではJCBと加盟店業務において提携関係にあり、JCBの使えるお店で使用できるようになってきています。このため、現在では国内において加盟店が非常に多く、利便性が高いブランドとなっています。
 日本市場における初のクレジットカードであるゴールド・カードの発行が開始されたという歴史的なストーリーもあり、ステータスカードを求める富裕層に人気が高いブランドです。  

Diners Club

 アメックスと並んで1,2位のブランドイメージを競うブランド。
 「世界で最初に登場した」とされるクレジットカードで、利用限度額には一律の制限を設けていないのが大きな特徴。
 他社の一般カードに相当するグレードのクレジットカードがなく、これもステータス性を求める方の人気を集める要因ともなっています。
 ダイナースクラブは2000年に現在のシティグループに買収され、その後2008年にシティグループの経営不振によりディスカバーフィナンシャル・サービシスに売却、日本国内ではシティグループ傘下のシティカードジャパン株式会社がダイナースクラブに関する事業を行っていましたが、現在は三井トラストクラブ株式会社が発行からサービスに関する事業を行っています。
 利用できる加盟店が少ないのがネックですが、アメリカやカナダではMasterCardと提携が実現、日本ではJCBと加盟店解放契約(加盟店側がオプションとして選択する形式で完全な相互開放ではありません)を締結したことで、北米・日本での利用加盟店は拡大傾向にあります。
 医師や弁護士、会社経営者、芸能人、スポーツ選手などに人気が高いのも特徴的です。
 新規申込みが可能なダイナースクラブカードの上位グレードとして、ダイナースクラブ プレミアムカードなるカードが存在し、年会費は13万円。もちろん、インビテーションがないと入会出来ないのですが、カードの利用実績のほか、ダイナースクラブ会員の中でも一定の地位や資産を持つ方に限られていて、ハードルが高いです。

ゴールドカードQ&A メニュー一覧

自分に合ったゴールドカードは見つかりましたか?

  • ゴールドカードの選び方
  • 年会費2000円のゴールドカード
  • スタンダードタイプのゴールドカード
  • 初年度年会費無料
  • ダイナースクラブカード
  • アメリカンエキスプレスカード

年会費から
ゴールドカードを選ぶ

PAGE TOP