ヤングゴールドとは?【ゴールドカードの豆知識】

若年層でも入会可能な
ゴールドカード

goldcard比較のメインイメージ

ヤングゴールドと審査基準

 ヤングゴールドとは、収入が少ない20代でも申込み可能なゴールドカードで、低価格な年会費にもかかわらず、一般のゴールド並みのサービスを付帯しています。
 基本的に20代じゃないと申込みが出来ず、入会後は満30歳になった後に、通常のゴールドカードへとランクアップする仕組みになっています。
 たとえば、三井住友VISAプライムゴールドカードがヤングゴールドカードに該当しますが、年会費は5,000円(税抜き)。さらに簡単な条件をクリアすることで年会費1,500円(税抜き)に抑えることが出来ます。
 たった1,500円+消費税なのに、最高5000万円まで補償する国内・海外旅行傷害保険や最高300万円まで補償するショッピング保険のほか、国内主要空港のラウンジを無料で利用できるサービスも付帯するなど、コストパフォーマンスに優れたカード。

 ただ、現在では年会費2,000円のMUFGカードや年会費3,000円(税抜き)のSuMi TRUST CLUB エリートカードなどといった、低価格のゴールドカードも市場に出回っており、“ヤングゴールド”というグレードを用意していないカード発行会社も多くなりました。

 いずれにしても、ヤングゴールドカードや年会費2,000円~3,000円クラスのゴールドカードは、審査の難易度が一般カードとさほど変わらないのが現状。
 自分自身の年収などから、ちょっと審査が心配という方は、まずはこういった低価格のゴールドカードから実績を積むのも一つの方法でしょう。

ゴールドカードQ&A メニュー一覧

自分に合ったゴールドカードは見つかりましたか?

  • ゴールドカードの選び方
  • 年会費2000円のゴールドカード
  • スタンダードタイプのゴールドカード
  • 初年度年会費無料
  • ダイナースクラブカード
  • アメリカンエキスプレスカード

年会費から
ゴールドカードを選ぶ

PAGE TOP