年会費で比べるゴールドカード(年会費1万円~1万5千円以下)

機能も補償も充実した
フルスペックゴールド

goldcard比較のメインイメージ

ゴールドカードの中でも最も多い価格帯

 一般的に“ゴールドカード”と呼ばれるものは、この価格帯に属します。
 補償・保険内容が充実し、空港ラウンジサービスや会員専用のダイヤル窓口も用意。ホテルや旅館、飲食店などの優待割引もバッチリ!で、フルスペックゴールドと言える部類です。
 ほとんどの大手カード会社がこの価格帯でゴールドカードを用意していますが、補償・サービス内容に甲乙がつけ難く、正直、選択に迷いが生じてしまいます。

 補償やサービスの充実度では、アメリカン・エキスプレス・カードとシティ リワード ワールドカードが他のカードより頭一つ抜けています。
 とくにアメリカン・エキスプレス・カードは、電話対応の良さでも定評があり、このクラスの中では非常におすすめ度が高いカードです。

 そのほか、初年度年会費無料キャンペーンを実施している、MUFGカード プレステージ ゴールドとSuMi TRUST CLUB ゴールドカード、JCBゴールドカード、三井住友VISAゴールドカードも捨てがたいところ。
 とくに、三井住友VISAカードは次年度以降も簡単な設定で4200円まで年会費を抑えることができます。出来るだけ安価でフルスペックのゴールドが欲しいなら三井住友VISAゴールドカードがおすすめです。
 
 非常に悩む価格帯ではありますが、ステータス性の高さにこだわるならアメリカン・エキスプレス・カード、あくまでもローコストでゴールドカードを持ち続けたいなら三井住友VISAゴールドカード、というのが正しい選択化も!?

年会費10,000円~15,000円で持てるゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード券面画像

 アメリカン・エキスプレス・カードは、海外に出張や旅行へ行く機会が多い方に最適なカードで、世界140余ヵ国、2,200ヵ所以上※に及ぶトラベル・サービスの拠点を通じて、旅の相談や航空券の予約・発券、ホテルやレンタカー、各種ツアーの案内・手配など、お客様の旅をサポートします。(※提携代理店およびアメリカン・エキスプレスの外貨サービス営業所を含む)
 レストランの予約や医療機関の紹介等、ほとんどの国から24時間日本語で対応してくれるのは心強いサポート。
 そのほか、カード購入商品の返品ができない場合に、ご購入日から90日間アメリカン・エキスプレスが返品を受け付けるリターン・プロテクション、海外旅行の際、出発・帰国時に会員1名につきスーツケース1個を無料で自宅まで配送する手荷物無料宅配サービス、空港内では専任スタッフが手荷物を運んでくれる無料ポーターサービスなど、他社には無いサービスが非常に充実!
 アメリカン・エキスプレス・カードには“ゴールド”も存在しますが、"グリーンカード”とも呼ばれるこのカードは、他社のゴールドカードと同等以上のサービス・補償内容を備えていて、年会費は12,000円(税抜き)(※アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは年会費29,000円(税抜き))。
 ステータス性の高いクレジットカードです。

○年会費:12,000円+消費税 家族会員は1名無料
○入会条件:20歳以上で定職のある方(学生不可)
○利用可能枠:個別会員ごとに設定しています
○提携ブランド:Amex

≪今なら最大18,000マイル相当獲得可能≫
カード入会後3ヶ月以内の利用金額に応じて、最大18,000ポイント獲得可能!

 【キャンペーン期間】 2017年10月31日お申込み分まで

三井住友VISAゴールドカード

三井住友ゴールドカード券面画像

 国内最大級の発行枚数を誇るカード会社の一つ、三井住友VISAカードのゴールドカード。
 知名度が高く、カード会社の信頼度はピカイチ!ステータス性も高いのが特徴のゴールドカードです。

 実は、三井住友VISAゴールドカードの年会費は10,000円(税抜き)ですが、カラクリがあって通常10,000円(税抜き)の年会費のところ、4,000円(税抜き)まで引き下げることが出来ます。それは、
○カードの利用明細書を郵送で届けてもらうのを止め、ネットの管理画面で確認できる【Web明細書サービス】に切り替える。
○マイ・ペイすリボに登録し、年に1度でもカードを利用。(リボ払いじゃなくてもOK!)

の2点の条件を両方ともクリアさせること

『マイ・ペイすリボ』とは、毎月の最低支払い金額を自分で設定し、それ以上カードを利用した場合はリボ払いか一括支払いかを都度選択できるシステム。『リボ払いなんか手数料がかかるから申込みたくない。』なんて人も大丈夫。たとえば、カード利用額が100万円の場合、毎月の最低支払い金額を999,000円に設定すれば、常に一括払いとなり余計な!?分割手数料を支払うことはありません。

 もともと1万円を超える年会費のゴールドカードなので、機能性については全く心配なし!空港ラウンジサービスはもちろん、最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険、年間最高300万円まで補償するショッピング保険、医師へ24時間年中無休で無料相談できる安心の健康相談窓口『ドクターコール24』など、ゴールド会員ならではの補償とサービス。
 もちろん、国内最大級のカード会社ですから、宿泊施設やレジャー、飲食店などの優待割引特典もテンコ盛り!
 おまけに写真入のICカードも選べますから、セキュリティも高い!
 ETCカードや電子マネーiD、WAONカードなど、追加で発行できるカードも豊富です。
○年会費:10,000円(税抜き) ※初年度年会費無料!!次年度以降は条件クリアで4,000円(税抜き) 家族会員は1名無料
○入会条件:原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
 ※ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。
○利用可能枠:10~200万円
○提携ブランド:VISA

○期間限定初年度年会費無料!!&最大7,000円分プレゼント!
新規に入会をし、一定条件を満たすことで最大7,000円分をプレゼントします!
※条件の詳細は公式サイトにてご確認ください。
【キャンペーン期間】2017年3月31日お申込み分まで

MUFGカード ゴールドプレステージ

MUFGカード プレステージ ゴールド

 国内最大級のカード会社、三菱UFJニコスが発行するゴールドカードで、VISA・MasterCard、JCBから提携ブランドを選択することができます。
 利用可能額が50~300万円と大きく、年間のカード利用額に応じて次年度の獲得ポイントが20~50%アップしたり入会時に指定した月のカード利用分はポイント2倍、最大25倍ポイントが貯まる会員限定のインターネットショッピングモール『POINT名人.com』など、充実したポイントプログラムが他社のゴールドカードと比較したときのメリット。
 また、家族会員は年会費が無料のほか、2012年9月30日までに当サイトから申込むと本人の初年度年会費が無料になるキャンペーンを実施中なのは大きな魅力。
 24時間年中無休で問合せを承る『ゴールドプレステージデスク』、旅行中の航空便もしくは航空便に預けた手荷物の遅延などにより、ご負担されたホテル代等客室料金や衣料品などの費用を補償する『国内・海外渡航便遅延保険』、カードで購入した商品の破損、盗難等を年間最高300万円まで補償するショッピング保険、最高5,000万円まで補償する国内・海外旅行傷害保険、最高2万円の国内・海外渡航便遅延保険など、補償・サービス内容は申し分なしのカードです。
○年会費:10,000円(税抜き) ※初年度年会費無料 家族会員は無料
○入会条件:
・原則として20才以上で、ご本人に安定した収入のある方。
 (学生を除く)
○利用可能枠:50~300万円
○提携ブランド:VISA・MasterCard・JCB

MUFGカード ゴールドプレステージ アメックス

MUFGゴールドプレステージ アメックス券面画像

 前記のMUFGカード プレステージ ゴールドがVISA・MasterCard・JCBから提携ブランドを選択するのに対して、こちらは名前のとおりアメリカン・エキスプレス・カードが提携ブランド。
 アメックスというと、国内では使えるお店が少ないのでは?と気にする方もいるでしょうが心配無用!
 実はアメリカン・エキスプレスはJCBと提携をし、国内でJCBが使えるお店と加盟店契約を結ぶ作業を行っており、結果としてアメックスの使えるお店が急拡大しています。
 前述の『MUFGカード プレステージ ゴールド』が持つ機能に加え、海外でのカード利用分はポイントが2倍、初年度は国内利用分がポイント1.5倍とポイントプログラムが更に充実。  さらに、日本をはじめ世界100ヵ国以上で8,000を超えるレストランやショッピングでの優待特典が付帯されています。
 家族会員は年会費無料、2012年9月30日まで当サイトから入会すると本人の初年度年会費が無料になるキャンペーンを実施中。
 この価格帯で選ぶなら、筆頭に上がってくるおススメのゴールドカードです。
○年会費:10,000円(税抜き) ※初年度年会費無料 家族会員は無料
○入会条件:
・原則として20才以上で、ご本人に安定した収入のある方。
 (学生を除く)
○利用可能枠:50~300万円
○提携ブランド:AMEX

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード券面画像

 国内最大規模のカード会社のひとつ、JCBカードのゴールドカード。国内での加盟店はトップ水準で、ほとんどのお店で使えるクレジットカードです。
 東京ディズニーリゾートのオフィシャルカードとしても有名で、テーマパークのチケットや宿泊券などのプレゼントキャンペーンは常時と言っていいほど開催しているほか、カードの利用で貯まるポイントの交換商品にはディズニーグッズもいろいろあります。

 JCBゴールドを選ぶメリットは、知名度が高いこと、医療・健康・介護・育児などに関するご相談や医療機関のご案内など経験豊かな医師や看護師が24時間・年中無休でお応えする『ドクターダイレクト24』、日常生活にまつわる税務・年金・資産運用についてのご相談を専門スタッフがお電話で承る『暮らしのお金相談ダイヤル』などのサポート体制が充実している点。

 補償内容に関しては、最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険、国内外問わず通り魔などの「第三者の故意による加害行為」によって被った傷害を最高1,000万円まで補償する『犯罪被害傷害保険』、自宅に空き巣が入り、盗難被害にあった場合、お見舞金を5万円支払う『空き巣被害見舞金』、カードで購入した品物の破損や盗難を年間最高300万円まで補償するショッピングガード保険など、充実している点も見逃せません。
 空港ラウンジは国内主要空港のほか、ハワイ・ホノルル国際空港も無料で利用可能。
 家族会員が1名まで無料なほか、今なら期間限定で初年度年会費無料という点も大きな魅力です。
○年会費:10,000円(税抜き) ※初年度年会費無料  家族会員は1名無料
○入会条件:原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。
○利用可能枠:50~100万円 ※新規入会時
○提携ブランド:JCB

今、JCBゴールドに入会すると初年度年会費無料
さらに、入会に所定の条件を満たすことで最大12,500円分プレゼント!
※詳細は公式サイトにてご確認ください。
【キャンペーン期間】2017年3月31日申込み分まで

UCカード ゴールド

UCカード ゴールド券面画像

 UCカード ゴールドが持つ他社と異なるメリットは、カードの利用でもらえるポイントに有効期限が存在しないこと、家族会員の年会費が無料であること、カードで旅行代金を決済しなくても国内・海外旅行傷害保険が付帯されていることです。
 とくに旅行傷害保険が条件無く付帯されている点は大きな魅力。
 楽天やYahoo!ショッピング、ユニクロやニトリなど400以上のオンラインショップで最大20倍のポイントが貯まる『永久不滅.com』も用意されているので、ネットショッピングをよくされる方にも適したゴールドカードです。
 ただし、年会費無料キャンペーンを実施していないことや、他社と比べて優れた会員特典が無いなど、いまひとつこのゴールドを選ぶメリットが感じられないことから、人気が低いようです。
○年会費:10,000円(税抜き) 家族会員は無料
○入会条件:原則として満25歳以上で年収500万円以上の方
○利用可能枠:150万円 ※新規入会時
○提携ブランド:MasterCard

ゴールドカード《セゾン》

セゾン ゴールドカード券面画像 セゾン・ゴールド・アソシエアメックス券面画像

 セゾンカードの最大の特徴は有効期限の無いポイントプログラム【永久不滅ポイント】。
 セゾンカードなら、カードの利用で貯めたポイントをうっかり有効期限内に景品交換するのを忘れてしまうようなミスはありませんし、じっくりポイントを貯めて大きな景品と交換することも出来ます。
 西友や西武百貨店、パルコではポイントが2倍になるほか、インターネットショッピングモール【永久不滅.com】では、ポイントが最大20倍になる特典もあります。
 また、ゴールドカード≪セゾン≫はVISA、MasterCard、JCBの中から好きなカードブランドを選択できますが、これに『セゾン・ゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カード』と呼ばれるアメリカン・エキスプレス・カード・ゴールドを年会費2,100円でプラスすることができ、2枚のゴールドカードを上手に活用することで、ポイントがより大きく貯まる仕組みになっています。これが他社と異なる最大のポイントと言っていいかも知れません。
 世界150ヶ国以上、8100の拠点を持つハーツレンタカーを年会費無料で利用できたり、国内主要空港のほかにもハワイ・ホノルル国際空港の空港ラウンジを無料で利用可能など、海外に強いアメックスなら旅行好きな方にもピッタリ!2枚のゴールドカードで所有欲もシッカリ満たされるかも!?
○年会費:10,000円(税抜き)
 ※プラス2,100円でセゾン・ゴールド・アソシエ・アメリカンエキスプレス・カードを発行可能
○入会条件:原則として満25歳以上で年収500万円以上の方
○利用可能枠:500万円 ※新規入会時は最高300万円
○提携ブランド:VISA・MasterCard・JCB・(Amex)

ANA ワイドゴールドカード

ANAゴールドカード券面画像

 ANAカードのゴールド版で、ANAの一般カードと比べてフライトマイルが貯まりやすい特徴があります。
 VISA・MasterCard・JCBからカードブランドを選択できますが、申込むならJCBが絶対にお得。JCBならショッピングで貯めたマイルのほか、ボーナスポイントもマイルに移行できるのでVISAやMasterCardよりも断然ショッピングマイルが貯まりやすい特徴を持っています。
 年会費は14,000円(税抜き)ですが、買い物で貯めたポイントをマイルに交換するために年間2000円(税抜き)の手数料が必要なので、実質的には15,000円を超えるカードということになります。
 ANAをよく利用する方に最適なゴールドカードです。

○年会費:14,000円(税抜き) (マイル交換手数料:年間2,000円(税抜き))
○入会条件:原則として20歳以上でご本人に安定継続収入のある方。(学生不可)
○利用可能枠:申込み時に個別に設定
○提携ブランド:VISA・MasterCard・JCB

注目の1枚!ダイナースクラブカード

 ステータス性が高く、有名人も多く持っているダイナースクラブカード。
 一律の利用限度額を設けていなかったり、国内主要空港はもちろん、世界30ヶ国以上、100ヶ所以上のクラブラウンジを無料で利用できる空港ラウンジサービス、国内外問わず最高1億円まで補償する旅行傷害保険など、付帯するサービスや補償内容は一般的なゴールドカードのワンランク上の存在。
 もちろん、お得な会員サービスも多数用意され、厳選された有名レストランで2名様でコース予約をすると1名分が無料になる「エグゼクティブ・ダイニング」、通常は予約が難しいとされる高級料亭をダイナースクラブが会員に代わって予約してくれる「料亭プラン」などなど、他のカードでは味わえない魅力的な特典が多数用意。
 「"普通”のゴールドカードでは物足りない。」、「年会費以上の価値があるステータス性が高いカードが欲しい。」、そんな方におススメの1枚。
 現在、お得な新規入会キャンペーンを実施中で、入会するなら今がおススメ!

自分に合ったゴールドカードは見つかりましたか?

  • ゴールドカードの選び方
  • 年会費2000円のゴールドカード
  • スタンダードタイプのゴールドカード
  • 初年度年会費無料
  • ダイナースクラブカード
  • アメリカンエキスプレスカード

年会費から
ゴールドカードを選ぶ

PAGE TOP