年会費で比べるゴールドカード(年会費2000円超1万円以下)

空港ラウンジサービスが付帯してこの年会費はお得!

goldcard比較のメインイメージ

年会費はお手ごろでも、ゴールドカードの機能性は高い

 ゴールドカードといえば、年会費が1万円以上かかると思っている方が多いですが、年会費が1万円を切るゴールドカードもあります。
 しかも、空港ラウンジサービスも付帯しており、ゴールドカードのステータス性はしっかり保持!
 コストパフォーマンスを重視しながら、機能性も気にする方にピッタリのカードと言えそうです。

年会費2000円超1万円以下で持てるゴールドカード

NTTグループカード ゴールド

NTTグループカード ゴールド券面画像

 年会費5,000円(税抜き)(税込み)ながら、空港ラウンジサービスはもちろん、最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険、カードで購入した商品を年間最高300万円まで補償するショッピング保険など、補償内容も充実したカード。
 会員限定のインターネットショッピングモール『バイゾウTOWN』で買い物をするとポイントが2~26倍付与されるほか、国内のホテルや旅館等の宿泊施設、飲食店やレジャー施設での優待割引も多数用意!
 また、出光サービスステーションでガソリン・軽油が2~40円/リットル割引になるほか、NTTグループの通話・通信料金のお支払いがお得になる特典もあります。
 しかも、年間100万円以上カードを利用すると、次年度の年会費が無料になる特典もあり、毎年100万円以上利用すれば、ず~っと年会費がかからない!なんてことも可能です。
 この年会費でこれだけの補償・サービスが付帯されているなんて、お得度激高のゴールドカードと言えます。
○年会費:5,000円(税抜き) ※条件クリアで次年度無料
○入会条件:
・満18歳以上(学生を除く)で、ご本人または配偶者に安定した継続収入のある方。
 (未成年者の方は親権者の同意が必要です。)
・「入会申込書」にご記入のご自宅、ご勤務先に電話連絡が可能な方。
○利用可能枠:10~200万円
○提携ブランド:VISA・MasterCard

三井住友VISAゴールドカード

三井住友ゴールドカード券面画像

 国内最大級の発行枚数を誇るカード会社の一つ、三井住友VISAカードのゴールドカード。
 知名度が高く、カード会社の信頼度はピカイチ!ステータス性も高いのが特徴のゴールドカードです。
 実は、三井住友VISAゴールドカードの年会費は10,000円(税抜き)と、他社の一般的なフルスペックのゴールドカードと変わりません。
 それなのに、このページで紹介しているのにはワケが・・・。

 三井住友VISAゴールドカードにはカラクリがあって、通常10,000円(税抜き)の年会費のところ、4,000円(税抜き)まで引き下げることが出来ます。それは、
○カードの利用明細書を郵送で届けてもらうのを止め、ネットの管理画面で確認できる【Web明細書サービス】に切り替える。
○マイ・ペイすリボに登録し、年に1度でもカードを利用。(リボ払いじゃなくてもOK!)

の2点の条件を両方ともクリアさせること

『マイ・ペイすリボ』とは、毎月の最低支払い金額を自分で設定し、それ以上カードを利用した場合はリボ払いか一括支払いかを都度選択できるシステム。『リボ払いなんか手数料がかかるから申込みたくない。』なんて人も大丈夫。たとえば、カード利用額が100万円の場合、毎月の最低支払い金額を999,000円に設定すれば、常に一括払いとなり余計な!?分割手数料を支払うことはありません。

 もともと1万円を超える年会費のゴールドカードなので、機能性については全く心配なし!空港ラウンジサービスはもちろん、最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険、年間最高300万円まで補償するショッピング保険、医師へ24時間年中無休で無料相談できる安心の健康相談窓口『ドクターコール24』など、ゴールド会員ならではの補償とサービス。
 もちろん、国内最大級のカード会社ですから、宿泊施設やレジャー、飲食店などの優待割引特典もテンコ盛り!
 おまけに写真入のICカードも選べますから、セキュリティも高い!
 ETCカードや電子マネーiD、WAONカードなど、追加で発行できるカードも豊富です。
○年会費:10,000円(税抜き) ※条件クリアで次年度以降の年会費は4,000円(税抜き)
○入会条件:原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
 ※ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。
○利用可能枠:70~200万円 ※新規加入時
○提携ブランド:VISA

○期間限定初年度年会費無料!!&最大7,000円分プレゼント!
新規に入会をし、一定条件を満たすことで最大7,000円分をプレゼントします!
※条件の詳細は公式サイトにてご確認ください。
【キャンペーン期間】2017年3月31日お申込み分まで

ジャックスカード・ゴールドJCB

ジャックスカード ゴールドJCB

 年会費5,000円(税抜き)で入会できる、ジャックスカードが発行するゴールドカード。
 国内主要空港とハワイ・ホノルル国際空港のラウンジサービスが無料で利用できるほか、国内・海外の航空便乗継遅延費用として2万円を補償する保険サービスも付帯。
 ポイントプログラムが充実しているのが大きな魅力の一つで、毎年12月はショッピングのポイントが3倍、年間のショッピング利用金額とカード入会からの経過年数の組合せで翌年のポイントが10~70%アップしたり、年間のカード利用額に応じてカード請求額から一部キャッシュバックしてくれたり。
 ほかに、ポイントが最大25倍貯まるインターネットモール【JACCSモール】もあるので、うまく活用することで、どんどんポイントが貯まっていくゴールドカードです。
 国内・海外旅行傷害保険は、ちょっと低めの最高3,000万円。
○年会費:5,000円(税抜き)
○入会条件:年齢20歳以上で安定した収入のある方
○利用可能枠:150万円 ※新規入会時
○提携ブランド:JCB

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANA AMEX券面画像

 ANAのマイルが貯まりやすいアメリカン・エキスプレス・カード。
 年会費7,000円(税抜き)で、国内主要空港およびホノルル国際空港、仁川国際空港のラウンジを無料で利用可能。
 しかも、同伴の方1名まで無料で空港ラウンジを利用できるのはアメリカン・エキスプレスならではの特典です。
 カードで貯まるポイントは100円=1ポイント=1マイルとなっていて、無駄なくポイントを貯めることが出来ます。フライトマイルはANAグループ便のほか、スターアライアンスメンバーを含む世界中のANAマイレージクラブ提携航空会社便の利用で貯まります。
 また、ANAグループ便では通常のフライトマイルに加えて区間基本マイレージの10%がボーナスマイルとして加算。
 海外からの帰国時に空港から自宅まで会員1人につきスーツケース1個を無料で配送してくれる「手荷物無料宅配サービス」や、空港内手荷物預かり所で荷物やコートを無料で預かってくれる「空港クロークサービス」など、年会費の割に付帯サービスが高いのが特徴的です。
○年会費:7,000円+消費税
○入会条件:20歳以上で定職のある方
○利用可能枠:個別会員ごとに設定
○提携ブランド:AMEX

≪今なら最大30,000マイル相当獲得可能≫
○新規入会で1,000マイルプレゼント!
○入会後3ヵ月間のショッピング利用で最大29,000ポイントプレゼント!
最大で30,000マイル相当獲得可能!

 【キャンペーン期間】 2017年10月31日お申込み分まで

自分に合ったゴールドカードは見つかりましたか?

  • ゴールドカードの選び方
  • 年会費2000円のゴールドカード
  • スタンダードタイプのゴールドカード
  • 初年度年会費無料
  • ダイナースクラブカード
  • アメリカンエキスプレスカード

年会費から
ゴールドカードを選ぶ

PAGE TOP