JALカード VS ANAカード

航空機を利用する
ビジネスマン必携のゴールドカード

goldcard比較のメインイメージ

JALカードとANAカード 比較してみると・・

 航空機を利用し、マイルが貯まりやすいカードが欲しいならJALカードANAカードというのが一般的な選択です。海外出張が多い方なら、海外の航空会社と提携しているクレジットカードを選ぶというのもアリですが、日本国内にいる以上、ショッピングや電子マネーでも貯まるJALカードとANAカードから1枚選ぶのが最善。

 では、どちらのカードを選ぶのがいいのでしょうか?

 いつも利用する航空会社が、JALとANA、どちらか決まっているなら悩むことなく選択することができますが、どちらでもOK!という方なら、JALカードの方がお得であるといえます。
 まず第一にマイルの貯まりやすさですが、JALは100円の利用ごとにマイルが貯まります。一般店では100円=1マイルですが、特約店では2倍の100円=2マイル。特約店は非常に多く、一般のJALカードでは2,000円(税抜き)の年会費を追加して「ショッピングマイル・プレミアム」に参加しなければ、特約店で2倍のマイルをもらえません。JALのゴールドカードでは、無料で「ショッピングマイル・プレミアム」が自動付帯されています。

 対するANAカードは発行がANAではないため、クレジットカード発行会社のポイントプログラムに参加し、貯めたポイントをマイルに変えるという手はずを踏まなくてはならず少々煩雑。一番マイルが貯まりやすいJCBの場合、ポイントは1000円=1ポイント付与で、1ポイント=10マイルに交換できます。100円でマイルが付与されるJALに対して、1000円でマイルが付与されるANAは効率が悪く、取りこぼしが発生しやすいデメリットを持っています。

 また、JALカードでは、家族会員も含めて全ての貯めたマイルを合算できるため、効率よく航空券やJALクーポンをゲットすることが出来るのもANAとの大きな違い。家族会員用のカードを持つならJALのほうが有利です。

 ほかに、JALは1万マイルで15,000円分のクーポンを手にすることができますが、ANAは12,000マイルで15,000円分。

 こうしたことから、年会費がANAより高めであってもJALの方がよりマイルを貯めやすく、有効に利用可能な状況が整っているのです。

 電子マネーでTOPの普及率を誇るWAONカードを無料で発行できるのも、JALカードの大きなポイント。JALカードからWAONカードにチャージすれば最大1.5倍のマイルを獲得できます。

 さらに、航空機をよく利用する方なら、カード年会費に2,000円(税抜き)をプラスするだけで、区間マイルの100%が貯まる「JALカード ツアープレミアム」なるサービスもあり、これを利用すればもの凄いスピードでマイルが貯まっていきます。

 航空機を利用し、マイルが貯まりやすいカードが欲しいならJALカードANAカードというのが一般的な選択です。海外出張が多い方なら、海外の航空会社と提携しているクレジットカードを選ぶというのもアリですが、日本国内にいる以上、ショッピングや電子マネーでも貯まるJALカードとANAカードから1枚選ぶのが最善。

 では、どちらのカードを選ぶのがいいのでしょうか?

 いつも利用する航空会社が、JALとANA、どちらか決まっているなら悩むことなく選択することができますが、どちらでもOK!という方なら、JALカードの方がお得であるといえます。
 まず第一にマイルの貯まりやすさですが、JALは100円の利用ごとにマイルが貯まります。一般店では100円=1マイルですが、特約店では2倍の100円=2マイル。特約店は非常に多く、一般のJALカードでは2,000円(税抜き)の年会費を追加して「ショッピングマイル・プレミアム」に参加しなければ、特約店で2倍のマイルをもらえません。JALのゴールドカードでは、無料で「ショッピングマイル・プレミアム」が自動付帯されています。

 対するANAカードは発行がANAではないため、クレジットカード発行会社のポイントプログラムに参加し、貯めたポイントをマイルに変えるという手はずを踏まなくてはならず少々煩雑。一番マイルが貯まりやすいJCBの場合、ポイントは1000円=1ポイント付与で、1ポイント=10マイルに交換できます。100円でマイルが付与されるJALに対して、1000円でマイルが付与されるANAは効率が悪く、取りこぼしが発生しやすいデメリットを持っています。

 また、JALカードでは、家族会員も含めて全ての貯めたマイルを合算できるため、効率よく航空券やJALクーポンをゲットすることが出来るのもANAとの大きな違い。家族会員用のカードを持つならJALのほうが有利です。

 ほかに、JALは1万マイルで15,000円分のクーポンを手にすることができますが、ANAは12,000マイルで15,000円分。

 こうしたことから、年会費がANAより高めであってもJALの方がよりマイルを貯めやすく、有効に利用可能な状況が整っているのです。

 電子マネーでTOPの普及率を誇るWAONカードを無料で発行できるのも、JALカードの大きなポイント。JALカードからWAONカードにチャージすれば最大1.5倍のマイルを獲得できます。

 さらに、航空機をよく利用する方なら、カード年会費に2,000円(税抜き)をプラスするだけで、区間マイルの100%が貯まる「JALカード ツアープレミアム」なるサービスもあり、これを利用すればもの凄いスピードでマイルが貯まっていきます。

JAL CLUB-Aゴールド  ANAワイドゴールドカード
カード名称 JAL CLUB-Aゴールド ANAワイドゴールドカード
カードフェイス JAL CLUB-Aゴールドカード ANAゴールドカード
年会費(本人) 税抜16,000円+税 税抜14,000円+税
年会費(家族) 税抜8,000円+税 税抜4,000円+税
申込資格 ■JCB
20歳以上、ご本人に安定継続収入のある方 ※学生の方はお申し込みになれません。
■VISA、Master、TOP&ClubQ
20歳以上、一定以上の勤続年数・営業歴と安定収入のある方
※DCカードをお持ちの方は利用実績があり、会員規約を遵守されている方
毎年カード継続で2000マイル
海外旅行傷害保険 JCB:最高1億円
VISA、Masterは最高5,000万円
最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 最高5,000万円
マイルの貯まり方 100円=1マイル
特約店では100円=2マイル
JCBの場合
1000円=1Oki Dokiポイント
手数料無料で1pt=10マイルに移行可能
入会ボーナス 5000マイル 2000マイル
搭乗ボーナス 区間マイルの25% 区間マイルの25%
その他ボーナス 毎年初回搭乗で2000マイル 毎年カード継続で2000マイル
オプション ETC、WAONカード ETC
発行会社 JALカード JCB:株式会社ジェーシービー
VISA、Master:三井住友カード株式会社
詳細ページ

自分に合ったゴールドカードは見つかりましたか?

  • ゴールドカードの選び方
  • 年会費2000円のゴールドカード
  • スタンダードタイプのゴールドカード
  • 初年度年会費無料
  • ダイナースクラブカード
  • アメリカンエキスプレスカード

年会費から
ゴールドカードを選ぶ

PAGE TOP