プライオリティ・パスに無料登録できるクレジットカード

世界最大の空港ラウンジプログラム
プライオリティ・パスを年会費無料で

goldcard比較のメインイメージ

クレジットカードに年会費・利用料無料でプライオリティパス

プライオリティ・パス・メンバーシップ・カード

 プライオリティ・パスとは、世界600以上の空港VIPラウンジを利用できる、世界最大の独立系空港ラウンジ提供プログラムで、プライオリティ・パス社が運営しています。
搭乗クラスや利用する航空会社などの関わらず頻繁に旅行するお客様へ空港ラウンジ・サービスを提供するために1992年に設立され、現在、世界中で数百万人が会員となっています。
プライオリティ・パスには、下記の3つのプランが用意され、誰でも申し込むことができます。

スタンダード会員

 安い年会費(99米ドル)で必要な時に利用を確保したい旅行者向けです。ラウンジがお一人様わずか27米ドルでご利用いただけます。料金は会員ご指定の支払いカードへ請求されます。
○年会費:99米ドル
○会員利用料金:27米ドル
○同伴者利用料金:27米ドル

スタンダード・プラス会員

 スタンダードプランと会員のラウンジ 利用10回分がセットになったプランとなっています。年会費は249米ドルです。無料ラウンジ利用分を使い終わった後は、1回のラウンジご利用ごとの料金が27米ドルとなります。料金は会員ご指定の支払いカードへ請求されます。
○年会費:249米ドル
○会員利用料金:27米ドル(10回までは無料)
○同伴者利用料金:27米ドル

プレステージ会員

 スタンダードプランと会員のラウンジ 利用10回分がセットになったプランとなっています。年会費は249米ドルです。無料ラウンジ利用分を使い終わった後は、1回のラウンジご利用ごとの料金が27米ドルとなります。料金は会員ご指定の支払いカードへ請求されます。
○年会費:399米ドル
○会員利用料金:すべて無料
○同伴者利用料金:27米ドル

プライオリティ・パスで利用可能な空港

 プライオリティ・パスの会員になった場合、世界の主要空港のラウンジを利用可能です。
 なんといっても、全世界で600ヵ所以上ですから。
 その中で主な空港を挙げるとこんな感じ

北米

・ジョン・F・ケネディ国際空港(米国)
・ロサンゼルス国際空港(米国)
・ホノルル国際空港(米国)
・バンクーバー国際空港(カナダ)
・メキシコシティー国際空港(メキシコ)

アジア・オセアニア

・成田国際空港(日本)
・北京首都国際空港(中国)
・上海浦東国際空港、上海虹橋国際空港(中国)
・香港空港(香港)
・チャットラパティー・シヴァージー国際空港(インド)
・スワンナプーム国際空港(タイ)
・ニノイ・アキノ国際空港(フィリピン)
・チャンギ国際空港(シンガポール)
・仁川国際空港(韓国)
・バリ・ングラ・ライ国際空港(デンパサール国際空港)(インドネシア)
・クアラ・ルンプール国際空港(マレーシア)
・シドニー国際空港(オーストラリア)

ヨーロッパ

・アムステルダム国際空港(オランダ)
・ロンドン・ヒースロー空港(英国)
・エディンバラ空港(英国)
・コート・ダジュール国際空港(フランス)
・ジュネーブ・コアントラン国際空港(スイス)
・フランクフルト国際空港(ドイツ)
・シェレメーチヴォ国際空港(ロシア)
・マドリード・バラハス国際空港(スペイン)
・ローマ・レオナルド・ダ・ヴィンチ(ローマ・フィウミチーノ)空港(イタリア)

アフリカ

・ケープタウン国際空港(南アフリカ)
・カイロ国際空港(エジプト)
・ドゥアラ国際空港(カメルーン)
・ムハンマド5世国際空港(モロッコ)


 上記以外にも、南米(アルゼンチン、ブラジル、チリなど)や中東(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、カタールなど)にも利用可能な空港ラウンジを用意しています。

プレステージ会員になれるクレジットカード

 海外へよく行かれる方にとって魅力的なプライオリティ・パス。
 ただ、会員になるためには年会費やら利用料がかかるのが、ちょっとネック。
 特に年間10回以上海外へ行かれる方が、プライオリティ・パスの会員になろうとしたらプレステージ会員が最もお得なのですが、年会費399米ドルと高めです。

 しかし、クレジットカードの中には、プライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で登録できるものも存在します。

 それが、下記のクレジットカード。
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 年会費20,000円(税抜き)
SuMi TRUST CLUB プラチナカード 年会費35,000円(税抜き)
楽天プレミアムカード 年会費10,000円(税抜き)

 これ以外にも該当するカードはありますが、いずれも各カード会社のインビテーション(招待状)がないと入会できないプラチナカードやブラックカードとなっており、新規に入会可能なクレジットカードでプライオリティ・パスを利用したいなら、上記のどれかを選択する必要があります。

 特に、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとSuMi TRUST CLUB プラチナカードは、いずれもプラチナカードなのでステータス性が非常に高いばかりか、補償とサービスもかなり充実。
 年会費は前者のMUFGが20,000円(税抜き)、後者のシティが35,000円(税抜き)と、一般的なゴールドカードと比べれば高めですが、通常、プラチナカードといえば5~10万円くらいの年会費が必要なことを踏まえると、割安な価格設定。

 加えて、プライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で登録できるのだから、断然お得と考えることができます。

 もし、プライオリティ・パスに興味があるなら、ぜひ、クレジットカードへの入会を検討してみてはいかがでしょうか?

 下記に、カードの補償・サービスの詳細をまとめたページへのリンクを載せますので、興味のある方はどうぞ!
≫≫ MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
≫≫ SuMi TRUST CLUB プラチナカード
≫≫ 楽天プレミアムカード

スタンダード会員になれるクレジットカード

amex ゴールド amex グリーンカード

 プライオリティ・パスの会員グレートは落ちますが、スタンダード会員に無料で登録できるクレジットカードもあります。
 それは、アメリカン・エキスプレス・カード(グリーンカード)とアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード。

 いずれもステータス性が高く、特にゴールドカードに関しては他社のプラチナカード級の補償とサービスを兼ね備えたクレジットカード。

 どちらも、旅行が好きな方にはおススメで、芸能人も多く持っているカードです。

 アメックスといえば、国内最大規模の加盟店数を誇るJCBと提携したことで急速に国内加盟店を増やし、いまやどこのお店に行ってもツカエル、カードブランドとなりました。
 もともと旅行業がメインのアメリカン・エキスプレスは、海外には2,200ヵ所以上におよぶトラベルサービスの拠点を有し、ホテルやレストラン、鉄道や航空券の予約、各種ツアーの案内・手配など、渡航先でのサポートは万全!

 国内でも、海外でも頼もしいカードです。

 ちなみに、アメリカン・エキスプレス・カードのプラチナカードは、インビテーション(招待状)が届かないと入会ができませんが、このプラチナカードはプライオリティ・パスの【プレステージ会員】に無料で登録ができます。

 さらに、その上には入手が極めて困難なブラックカード(通称センチュリオンカード)もあり、このブラックカード欲しさにアメリカン・エキスプレス・カードへ入会する方も少なくありません。
 最高のステータス性を追求される方、ビジネスもプライベートもアクティブに過ごされている方に、おすすめの1枚です。

≫≫ アメリカン・エキスプレス・カード 年会費12,000円(税抜き)
≫≫ アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 年会費26,000円(税抜き)

自分に合ったゴールドカードは見つかりましたか?

  • ゴールドカードの選び方
  • 年会費2000円のゴールドカード
  • スタンダードタイプのゴールドカード
  • 初年度年会費無料
  • ダイナースクラブカード
  • アメリカンエキスプレスカード

年会費から
ゴールドカードを選ぶ

PAGE TOP